現在、世界中に広がる話題の仮想通貨!!

仮想通貨の長期投資に挑戦!!

いま投資家の注目を集めている「ビットコイン」を知っていますか?    

ビットコインはインターネットが世界に普及したことで誕生した、新時代の通貨革命だといわれています。 今までは日本円や米ドルなど、国が保証したお金が基本になっていましたが、ビットコインは国境という既成概念すら破り、今後さらに大きな経済活動を実現する可能性を秘めています。 そしてビットコインの価値が認められはじめるとともに、価格も上がり始めました。

2017年4月に1BTC(ビットコインの単位)が日本円で12万円だったものが、5月に30万円に、8月に45万円前後にと、ほんの数か月で4倍も価値が上がったのです。 ビットコイン(Bitcoin)をはじめとして、ライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)・・・その他にも、仮想通貨と呼ばれるものは星の数ほどあります。その種類は、ごく少なく見積もっても500を下回ることはないでしょう。

では、仮想通貨とは、いったい何なのでしょうか。 通貨ということは、モノやサービスを買うときの対価として使えるでしょうか。あるいは、「仮想」という文字が入っているので、    インターネット上の特定のゲームで使えるようなコインを意味するのでしょうか。

仮想といえども通貨だから、貯蓄したり投資したりもできるかもしれません。ということは、どこで仮想通貨を買えば良いでしょうか?そういえば、仮想通貨って、どんなデザイン?見たことないな・・・。 このような疑問に対する答えは、このサイト読めばOKです。        仮想通貨が良く分かるようになるでしょう。 仮想通貨とは何か?

では、その仮想通貨とは何でしょうか。 すでに世界的に広く普及していますが、良く分からないかもしれません。それもそのはず。世界中に様々な種類の仮想通貨があり、それらはすべて同じ方式で作られているとは言えないからです。

そこで、シェアが圧倒的に大きいビットコイン(Bitcoin)を例にしてみましょう。 ビットコイン(Bitcoin)の特徴: (1)特定の管理者はいません。 円は日本国が管理しています。米ドルも ユーロも、管理する機関があります。しかし、ビットコインは特定の誰かが管理しているのではありません。利用者全員で管理しています。これが大きな特徴です。

(2)インターネット上のデータです。 ビットコインは、インターネット上のデータです。  ですから、お札やコインのように手に取って見ることができません。             データを二次元バーコードにして、紙にプリントアウトして使うことは可能です      (コールドストレージ)。しかしそれは、紙そのものが仮想通貨なのではなく、紙に印刷されたデータがビットコインです。

(3)外国で使うとき、両替不要です。 海外旅行するとき、円のままでは何かと不便です。  そこで、米ドルやユーロなどに両替します。両替手数料が安いところを探すのに苦労するかもしれません。 しかし、ビットコインでは両替不要です。なぜなら、全世界のユーザーがビットコインを使っているからです。今持っているビットコインを、アメリカでもイギリス、ドイツでも どこでも利用可能です                                 (相手がビットコインでの支払いに応じてくれれば、という条件付きですが)。

もちろん、米ドルや円に換えたければ、交換できます。しかし、ビットコインのまま使うこともできます。 ビットコインのメリットとデメリット ビットコインには、以上のこと以外にも特徴がたくさんあります。便利な点もあれば、注意すべき点もあります。

そこで、株式投資とFXを比較対象にして、ビットコインのメリットとデメリットを考察しましょう。 株式投資等と比べるとき、ビットコインにはどのような特徴があるでしょうか。比較しておくと、今後の理解の助けになるかもしれません。 ビットコインのメリットとデメリット   

仮想通貨の現状と今後の可能性について 仮想通貨の特徴は、とてもユニークです。

そこで、世界中で利用者が増えると、様々な店舗で利用できるようになるなど使い勝手が   加速度的に良くなるかもしれません。すると、円と同じようなイメージでビットコインを使える日がくるかも?  そして、ビットコインの発行総量は決まっているのに使いたい人が増えるということは・・・そうです。ビットコインの価格が上昇する可能性があります「可能性」ですので、ビットコインを主要な投資対象にして資金を投入するのはリスクが高いかもしれません。

しかし、ビットコインを取り巻く状況を確認してから、少額の資金を投入する検討はできる  でしょう。 ビットコインを始めとする仮想通貨には、大きな将来性があります。 ビットコインはインターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。 インターネットさえあれば、国境も関係なく世界のどこにいても使う ことができるため幅広い使い道があることがメリット。 国境をまたいで送金したいときも、ビットコインを使えば通常の送金よりかなり低コストで済みます。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

また誰かに送金する場合も、内戦などで国交が断絶している国には事実上送ることができませんが、ビットコインならできます。いままで不可能と思われていたことを可能にする、夢の通貨といえるのです。         これからビットコインのメリットについて説明します。 ビットコインのメリット!      海外送金や決済がスムーズ ビットコインはインターネットの中だけに限らず、ビットコインを 導入しているお店なら実際の店舗でも使うことができます。 ビットコインのマーク お店のレジに、上のマークがあればビットコインが使える印。店側が提示するタブレットにスマホをかざすだけで決済が完了し、その国の通貨をもっていなくても買い物や飲食が可能です。

 

通常なら手続きが煩雑で、時間がかり、高い手数料を取られる海外送金も、ビットコインなら インターネットを通じて「早く、安く、簡単に」完了します。 例えば日本円から米ドルに換えて銀行から送金すると、手数料は4,000~7,000円ほどかかることをあなたは知っていますか?  

発展途上国への送金コストは、先進国よりもさらに割高になります。そもそも送金自体ができないかもしれません。 しかしビットコインなら、世界中どこにいても無料or格安で送金できるんです。

なぜならビットコインは管理する団体がいないから。人的コストがかからない分、中間マージンを搾取されることがなく、かなり低コスト。 しかも必要な時間はたった10分程度。

通常、国によっては1週間から10日かかることもあるなかで、この速さは驚きですね。

 ビットコインのメリット! 値動きを利用した資産運用ができる ビットコインは日本円や  米ドルなど各国の貨幣と同じように、需要と供給によって値動きします。 ビットコインの普及が進み多くの国の人が利用しはじめると、ビットコインの貨幣価値が上がり、天井知らずの勢いで値上がりしはじめたのです。

2009年、ビットコインはリーマンショックによる不況で真っただ中のころ誕生しました。    その誕生から間もない、まだあまりビットコインが知られていなかったころ、ノルウェーの男性が約2,400円分のビットコインを何気なく買ってみたというのです。 ところが4年後、それが約1,800万円まで高騰していてびっくり! たった2,400円で買ったビットコインを元手にオスロ市(ノルウェーの首都)に家を買うことができた、というのは有名な話です。

この例からもわかる通り、ビットコインは大きな値上がりの可能性がある魅力的な資産運用方法なんです。 ビットコインは世界中でたくさんの人々に使われ始めました。          これからインターネットが消滅するとは考えにくく、むしろFinTech※という一大産業はこれから最も伸びしろがあると思われる分野です。 FinTech(フィンテック)とは インターネット技術と金融を融合させた、新たな産業分野。ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の二つの言葉を合体させて生まれた言葉です。

その代表的な一つであるビットコインは、さらに成長が見込めると推測されます。      ビットコインの将来性は?仮想通貨に投資する価値 いま世界の経済は日本円や米ドル、ユーロ などで貿易をしていますが、国と国との間には為替があり、為替の変動によっては貿易の不平等が起き、片方の国が貿易赤字に陥ったりしますね。 その貿易の不平等を是正するために、   ビットコインなどの仮想通貨が決済の主流になっていく、ことは十分考えられることです。  

現在、たくさんの仮想通貨ができていますが、仮想通貨を購入するにはまずビットコインを購入する必要があります。ビットコインが仮想通貨の基軸通貨となっていることを考えると、   ビットコインの将来性は無限大だといえるのです。 これだけでもビットコインの将来性は十分期待できるものであり、さらに価値は上がるものと予想されます。

ビットコインは金や銀と同じ!埋蔵量が有限仕組み上、ビットコインの流通量が極端に増える ことはなく、インフレが起き貨幣価値が下がらないよう、あらかじめ計算されています。 ビットコインの埋蔵量は最大で2100万BTC、それ以上は増えることはありません。

金などの鉱物も埋蔵量に限りがあることから価値が落ちることはなく、また価値自体が万国共通なので昔から資産運用の対象として人気がありますね。 ビットコインも一つの地域の影響を受けないメリットがあります。 ビットコインは戦争やテロが起きると安全な資産の預け場所として利用されることが多く、政情不安な時こそ価値が上がります。

ビットコインがこれだけたくさんの人に使われるようになった理由の一つに「ビットコインの 仕組みが信頼できる」と多くの人が認めたことが挙げられます。               

そもそもビットコインのシステムが信用されなければ、だれもこんな怪しげな通貨に手を出さなかったでしょう。 ビットコインの取引の流れは、次のようになっています。

ビットコインの取引の流れ電子署名でビットコインを送る 取引をブロックチェーンに記録する マイニングにより正しさを証明する つまりビットコインは、複雑に暗号化された電子署名を添えて送信することで、送付者のなりすましや取引の偽造ができない仕組みになっいます。

また世界中に網の目のように張り巡らされているインターネットを使い、取引記録である   ブロックチェーンをつないでいくことで、ビットコインの二重使用や改ざんを防ぎます。    たくさんの人々を確認要員として巻き込み、マイニング(採掘)と呼ばれる特殊な作業で、取引の正当性を担保しているのです。 そのマイニングという特殊な作業が、「競争でたった一つの 答えを見つけ、一番になった人がビットコインを報酬にもらえる」というゲームのような計算 作業だといったら、あなたは信じられますか? 彼らがマイニングをしてくれるおかげで、ビットコインのシステムは管理する組織がなくても円滑に回り、管理する組織がないおかげで低コストで送金できるのです。

 

これらブロックチェーンの仕組みについては、「ビットコインの仕組みとは!システムをわかりやすく解説」で詳しく解説しています。 これらはみな高度な数学と暗号技術を証拠とするもので、人為的なごまかしなど一切差しはさまれる余地がありません。              ビットコインはコンピュータ・サイエンスという裏付けにより正しさを証明しており、    ある意味、普通の国の通貨や金融機関の取引記録より信頼できるものではないかといわれています。 ビットコインの取引所にはコインチェックを選ぶと安心! ビットコインのデメリットの 一つに、「パスワードをハッキングされるとビットコインを盗まれてしまうこと」が挙げられます。 セキュリティーのしっかりした取引所を利用することが、事故を予防する最善策といえるでしょう。 そこでおすすめなのが、coincheck(コインチェック)です。

coincheckならログインパスワードに加え、さらに確認コードによる二段階認証を採用しているのでセキュリティーは万全です。 coincheckがおすすめの理由は、次のとおりです。 二段階認証でセキュリティーが万全なので安心!!

コイン送金がスピーディーで、イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュの売買が可能 以上のような理由から、ビットコイン取引所(販売所)選びに迷っても、coincheckで口座開設すればまず間違いありません。アカウントの開設は簡単、5分もあれば完了します。 coincheckの口座開設はこちらからできます。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインの価値に注目!これからの可能性に期待大 この記事では代表的な仮想通貨、ビットコインについて解説してきました。 ビットコインはそれぞれの国の通貨とは違い、歴史も浅く まだ誕生したばかり。ビットコインを貨幣とするかどうかも、いまだ学者の間では意見が分かれているようです。

しかし取引の透明性やコスト削減を狙ったブロックチェーンの発想は画期的であり、    「世界の貨幣が一つにつながる」という未来のお金の形にはロマンを感じますね。       それだけでなく、これを読んでいる投資家の皆さんはビットコインの貨幣価値がグングン上がっていると聞くだけで、トレーダーの血が騒ぐのではないでしょうか。 「値動きが激しい?逆に 望むところだ!」というアクティブ派は、セキュリティーを強化した安全な取引所でぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin